TOP > よくあるご質問

よくあるご質問

日本にあるネイル検定試験ってネイルの国家資格(ネイルライセンス)になるのですか?
ネイルの国家資格(ライセンス)は、日本にはまだありません。
日本の美容で国家資格があるのは、ヘアー(理美容)を除きこれらの美容分野には、
国家資格(ライセンス)が存在していないのが現状です。
先進国のトップを走り続けている日本にしかるべきスタンダード<政府規定標準>が無いことは、
とても恥ずかしいことであり、又、これら美容分野でのサービスを受ける一般顧客にとっては
大変危険なことと思われます。
国家資格(ライセンス)を一人でも多くの方に認知して頂き、
そして一人でも多くの方が国家資格を取得していただくことによりサロンでの安全、
且つより高い技術と施術サービスが行われることを願っております。
お客様の満足が技術者として最高の喜びとなり、国家資格者としての名誉誇りであり、
自信と未来への希望をもたらしてくれます。

国際ネイルライセンス

▲ ページトップへ

海外の国際ネイルライセンスを受験するにはどうしたら受験できますか?
海外のマニキュアリスト国際ネイルライセンスを受験するには、
まずは国・政府・州が認めている認定校を卒業しないと、受験資格を得る事ができません。
アメリカの場合は州ごとに、規制・法律が異なります。
まずは、学ぶ州・国を選ばなければなりません。
海外で学び、そしてマニキュアリスト国際ネイルライセンスを受験するには必ず現地の言葉が必要です。

▲ ページトップへ

色々なネイルスクール説明会に行ったのですが、講師の先生が若すぎて…。
少し抵抗を感じました。
日本のネイルスクール講師をされている方は、年々若くなってきているのが現状です。
CITY NAIL’S講師は、ネイル以外で3年以上の社会経験を経て、インストラクターになっております。
マニキュアリスト国際ネイルライセンス取得者/日本検定取得者/メーカーのエデュケーター取得者です。
インストラクターは心の豊かさ・経験・実力が必要だと考えております。
技術が出来ても知識が無い!技術・知識があっても指導能力が無い!これならインストラクターとして
ご指導が難しいと考えております。講師は引き出しをたくさん持っているからこそ、ご指導が出来るのです。
その為、年に数回技術・知識チェックを行っております。
例えキャリアがある講師でも、技術・知識・向上心が低下していると再研修させております。
厳しいかもしれませんが、プロに必要だと、私ども、CITY NAIL’Sは考えております。
学び続けるからこそ、プロでいられるのです。
プロには終わりがありません。だからプロフェッショナルと言えるのです。

▲ ページトップへ

不器用で年齢が若くないのですが、初心者でもネイルはできますか?
もちろん年齢や不器用など、全く関係ないです。
何かをはじめる時は、みんな初心者です。
最初から上手い方などいません。
練習・努力でそれぞれの今があるのです。
日本人はとても年齢にこだわって、歳を重ね若くなくなっていくと、歳のせいや、勢いがなくなっていくようですが、外国の方は歳など関係なしに色々な事に、自分らしくチャレンジされています。
ネイルは若い方だけの職業では全くありません。
年齢に関係なくどなたでも出来る、お仕事がネイルです。
年齢はただのナンバーです。まず今!「自分がチャレンジしたいか?」、「頑張りたいか?」で自分の為に前進しましょう。

▲ ページトップへ

色々なネイルコースがありますが、どれが良いのか迷っています。
CITY NAIL’Sでは、多彩なネイルコースをご用意させて頂いております。
プロコース・ジェルコース・カルチャーコース・1DAYコース・まつ毛コース・公開講座・
キッズネイルコース・国際ネイルライセンスコース などございますが…
自分が今、どうして行きたいのか?それによってコース選びは異なります。
プロとして頑張るにはプロフェッショナルネイルコースをおススメ致します。
趣味で始められる方には、カルチャーネイルコースをおススメ致します。
分野がちがう、興味がちがう、だからコース選び・スクール選びが大切です。
「肩書きだけでは自己満足
経験してこそ自己実現」
日本は特に肩書きだけで判断する傾向がありますが、肩書きは結局自己満足です。プロというのは現場で経験してこそ自己実現!
肩書きだけで判断すると失敗の原因にもなります。

▲ ページトップへ

ネイル技術は色々なやり方があるのですか?
技術は1つのやり方だけではありません。
技術は、常に進化しております。
国ごとに異なる技術もあります。
CITY NAIL’Sでは、海外技から日本技まで、
あらゆるお爪に対応できるように、多彩な技術指導を行なっております。

提携スクール 提携サロン

▲ ページトップへ

材料費は別だと聞きましたが、全てのネイル材料が含まれていますか?
器具類や最初に最低限必要な材料のみをご購入頂いております。
その他は講義終了後にインストラクターより、次回に必要な材料説明を毎回、お伝えしております。
全ての材料をスクールでご用意しますと、
最初にあたえた材料が1番良いものだと固定概念ができてしまい、
その材料でしか、技術が出来なくなるというケースがあります。
その為、受講生の方にはまずは、自分で色々試して頂き
本当に自分が使用しやすいものを見極める勉強をして頂いております。
周りにこだわらず、まずは自分自身で見極める目を養うように育てております。
(スクール内で自由に、ご使用できる材料もございますので、受講生の方はご自由にご使用下さい。)

▲ ページトップへ

フリータイム制のネイルスクールですか?
はい!CITY NAIL'Sは開講以来ずーっとこのシステムを取り入れております。
「曜日・時間が決まっていた為に、なかなかご通学できなかった。」
「曜日・時間が合わなくて大好きなネイルを断念せざるをえなかった。」
と、言う声がとても多かったので、いつでもご自分のご都合に合わせて
ご通学して頂きたいと思いフリータイム制を導入しております。

▲ ページトップへ

ネイリストとマニキュアリストってどう違うのですか?
「ネイリスト」は、英語ではありません。
日本の造語です。
外国で、爪の専門職/爪のスペシャリストを、マニキュアリストと呼んでおります。
国際ネイルライセンスの表記は、「マニキュアリスト」と書かれております。

▲ ページトップへ

Diplomaとは? Licenceとは? Certificateとは?
●Diplomaとは 卒業証明書や業績証明書の事です。

●Licenceとは 許可を証する書面の事をいいます。Licenceの取得が必要な行為をLicenceなしで
 行うと違法になります。訳語は免許、認可と言う意味になります。

●Certificateとは 特定の知識、技術を修了した事を証明するものです。
※CertificateはLicenceではありません。これは世界共通です。

▲ ページトップへ